2010年04月29日

<両さん銅像>亀有の商店街関係者ら 包帯で応急手当て (毎日新聞)

 東京都葛飾区の亀有中央商店街にある人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」の主人公・両さん(両津勘吉)の銅像が壊された事件で、商店街関係者らが21日、包帯で応急手当てを施した。「もういじめないで」と、地元有志が夜間パトロールも始めた。

 壊されていたのは、両手にマラカスを持っていた「サンバ両さん」という銅像。JR亀有駅周辺の商店街や区が協力して3月に設置したばかりだったが、今月18日、左のマラカスが根元から折られているのが見つかった。

 地元住民たちは「粘着テープでも良さそうだけど、両さんは商店街の仲間だから包帯で手当てした」という。銅像は今月中に修復される予定。【山田奈緒】

【関連ニュース】
アートナイト:一夜限り 街は美術館 東京・六本木
博多火災:被災ラーメン店1週間ぶり再開
火災:早朝、福岡名所の博多川端商店街で9店舗焼く
掘り出しニュース:「本荘ハムフライ」復活を 商店街店主ら意気盛ん
掘り出しニュース:案内は“三国志なりきり看板” 商店主ら登場−−神戸・長田

「住民のつながり薄く解決困難に」世田谷一家殺害、遺族が地域連携訴え(産経新聞)
「自民に金貸して」 詐欺容疑で男逮捕 兵庫県警(産経新聞)
辺野古案修正、米と協議=普天間問題の打開模索−政府(時事通信)
露店で偽一万円札8枚=透かしなし、同一番号−北海道・函館(時事通信)
舛添、与謝野両氏、比例理由の除名に不満も(産経新聞)
posted by AllenRees at 21:45| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

荒井幹事長「小異を捨てて大同につく」 新党会見で決意(産経新聞)

 【舛添新党会見詳報】(5)

 荒井広幸幹事長「22日、旧改革クラブメンバーで両院議員総会を開き、舛添さん、矢野さん、小池さんの3人の入党を了承し、中村(喜四郎衆院議員)さんの離党を認めました。本日14時から新メンバー参加による議員総会を開きました。まず党規変更、党名変更、役員改選を行いました。新党改革、これを受けて先ほど東京都選管に届け出をすませましたので、政党に新党改革、舛添代表となっておるわけでございます。なお、先ほど大江(康弘参院議員)さんから離党の届け出をいただきました。また自民党との会派を解消する旨を、自由民主党さんにお伝えした。さらに、その会議では、政策等についての合意をいただきました」

 「われわれそれぞれメンバーは日本のこの危機を脱出するために、今、やらずにどうするんだ、行動を起こす、これは今じゃないか。みんなが共有して、舛添代表の話のように今日に至った次第でございます。それぞれメンバー、それぞれに交流はあったが、鳩山民主政権のやることなすことがあまりにも国民目線からかけ離れている。ならば、日本のトップリーダーに、もっともふさわしい、舛添要一という逸材を扇の要にして、今、行動するしかないと決意をして、わずか2週間ぐらいですが、がーっと魂をお互いに呼ぶようにして、結党という運びになったわけでございます」

 「たびたびにわたり、政策協議を行いました。党運営のあり方、終盤国会、重要法案を控えております。この対応。そして参議院選挙の取り組みなど、手順を尽くし、手続きを踏み、志ある有志6人が今、まずここに集った。こういう次第です。民主党はだめ、自民もふがいないという中、国民皆さんの、政治不信、政党離れはいかがですか。こんなに不信が高まっているときはないと思います。このままでは日本の安全が壊れる。皆さんの生活が壊れる。子どもたちの夢も壊れる。われわれは身を捨てて、子どもたちの未来に夢をつくりたいとの決心で、信頼回復の政治を行うためには、参議院選挙はラストチャンスだ。参院選前にみんなでたちあがろう、苦しくてもやろう、こういうことで今日に至りました」

 「もとより従来のやり方や、個々のメンバーの志や活動だけでは、こうした重要な問題は解決できません。しかし、幸いにして皆さんどうですか。幸いにして、国民の信頼をつなぎ止めている唯一の政治家は、この舛添要一さんのほかにおりません。舛添要一さんを改革のど真ん中に据えて、政治改革、日本の一大改革を断行していきます」

 「党名使用に関する法律というのがあります。だぶってはならないんです。そうしますとこれが、来週月曜日、26日なんです。事務的な手続きを考えますと今日結党する以外に時間はなかったんです。タイムリミットが今日です。あまりに時間がありません。手続きが非常にかかります。私も何度かこの新党の手続きをやってまいりました。間に合わない、改革クラブの名称変更等による新党立ち上げという方式をとらせていただきました。同時に国民の浄財である政党交付金を本当に大切に有効に使わせていただいて、国民の目線からの政治を行ってまいる覚悟です」

 「小異を捨てて大同につく、メンバー全員大同団結して、日本の新しい政治スタイルを、舛添要一とともに、皆さんに、一緒になってつくっていきたい。国民参加による開かれた政党を目指してまいります。

 新党改革が今、誕生した経緯をお伝えしました。参議院では社民党の5人を上回る、6人の、参議院だけの政党であります。参議院が要です。日本をかえるにはこの選挙しかない。われわれは立ち上がった次第です」

【関連記事】
舛添氏離党の引き金「幹事長の答えがなかった」
詳報(1)矢野氏「舛添代表を頂点に、元気な日本を取り戻す」
舛添氏に自民、厳格処分方針 参院選へ警戒見え隠れ
堀内恒夫氏、スポーツ省作る!政界に剛速球
舛添新党との連携、橋下知事が否定

山崎さん無事帰還 「重力の強さ感じた」 完璧任務、夫「誇り」(産経新聞)
自立支援法訴訟 東京地裁でも和解成立 一連の14件終結(毎日新聞)
「中学以降、多種類購入」=モデルガン改造器具も所持−福岡県警警部補・警視庁(時事通信)
防衛省関連の独立行政法人、家賃二重払い(読売新聞)
トミカ博 「40年の歴史」展示 大阪で開幕(毎日新聞)
posted by AllenRees at 18:16| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

<牛丼チェーン>松屋フーズのバイトが労組結成(毎日新聞)

 牛丼チェーンの「松屋フーズ」(本社・東京都武蔵野市)の埼玉県内の店舗で働くアルバイト従業員3人が19日、労働組合「全国一般埼京ユニオン松屋フーズ分会」の結成を同社に通告した。アルバイト時の食事「賄い代」の無料化などを求めている。同席した同ユニオンの嘉山将夫執行委員長は「安売り競争の激しい牛丼は低賃金に支えられており、改善を求めたい」と話した。

 松屋フーズ本社によると、勤務時の食事は商品の半額程度まで最大割り引く仕組みという。

【関連ニュース】
牛丼:大手の値下げ競争過熱 勝者なき最終消耗戦に(1/3ページ)
牛丼:吉野家が110円値下げ…4月7日から1週間
吉野家:牛丼並270円に値下げ 13日まで 他社追随へ
吉野家:肉が大盛りの2倍「特大盛」発表 ご飯、肉少なめ「軽盛」も
聞きたい:吉野家HD・安部修仁社長

民主党、大阪・岡部氏…全3人区に2人擁立(読売新聞)
「ドウシシャ」 所得隠し9000万円(産経新聞)
<行方不明>ネパール人就学生の22歳女性、昨年8月から 福岡県警捜査(毎日新聞)
車掌キセル、聞き取り調査は本人のみ…相模鉄道(読売新聞)
「がん教育」などを今年度事業の重点項目に−日本対がん協会(医療介護CBニュース)
posted by AllenRees at 09:23| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。